大型台風10号 鹿児島への最接近は14日夜から15日未明

カテゴリ:地域

大型の台風10号は14日午後7時現在、種子島の東約190キロにあって時速20キロで北に進んでいます。

中心気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートルで、勢力の最盛期を迎えています。

台風は勢力をほぼ維持しながら北上を続け、14日夜遅くから15日未明にかけて九州南部に最も近づく見込みです。

暴風域に入る時間帯は、種子島・屋久島地方、大隅地方がまもなく、薩摩地方が14日夜遅くとなる見込みです。

予報通り進んだ場合、15日(木)の日中は中国・四国地方を縦断し、夜は日本海に抜けるでしょう。

◇波の予想(~15日)

薩摩地方、奄美地方 6メートル

大隅地方 8メートル

種子島・屋久島地方 7メートル

◇風の予想(~15日・最大瞬間風速)

薩摩地方、種子島・屋久島地方、奄美地方 35メートル

大隅地方 40メートル

◇雨の予想(~15日夕方)

薩摩地方 150ミリ

大隅地方、種子島・屋久島地方 200ミリ

十島村 80ミリ