台風10号 15日昼前に佐賀県に最接近 早目に故郷を後にする人の姿も【佐賀県】

カテゴリ:地域

大型の台風10号は15日昼前に佐賀県に最も近づくとみられ、気象台は暴風や高波、土砂災害などに警戒を呼び掛けています。

大型の台風10号は午前11時には種子島の南東およそ280キロにあり1時間に約10キロの速さで北北西に進んでいるとみられています。中心の気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートルです。県内全域はすでに強風域に入っています。台風はこのあと北よりに進路を変えて強い台風に発達したあと、やや勢力を弱め最接近は15日昼前、全域が暴風域に入るおそれもあります。

これを受け、お盆休みを一足早く切り上げるという人も。

女性:

神戸に帰ります。もともと明日の夜帰るつもりだったんですけど台風が来るので1日早めた。

男性:

名古屋方面です。明日新幹線が止まるかもしれないと聞いたので予定を変えてきょう帰ることにしました。

気象台は暴風や高波、土砂災害、高潮に警戒を、低い土地の浸水や河川の増水、激しい突風に注意を呼びかけています。