台風10号 15日に愛媛上陸の恐れも 西日本豪雨級の大雨の予想も【愛媛】

カテゴリ:地域

台風10号は15日に愛媛へ最も接近し上陸の恐れがあります。記録的な大雨となる予測もあり、土砂災害や河川の氾濫などに警戒が必要です。

大型の台風10号は暴風域を伴いながら、種子島の南東付近をゆっくり北上しています。松山地方気象台によりますと、15日昼前から昼過ぎにかけ県内に最も接近する見込みで、上陸の恐れもあるということです。

いずれも多い所で15日の朝から夕方にかけ、1時間に最大80ミリの猛烈な雨に。15日朝からの24時間に中予と東予で600ミリ、南予で500ミリの西日本豪雨並みの記録的な大雨となる恐れがあります。

県内は15日未明から夕方にかけ暴風域に入る見込みで、最大8メートルのうねりを伴う大しけや、大潮の時期とも重なるため東予と南予では高潮にも警戒が必要です。

台風10号の接近で14日、県内の交通機関にも影響が出ています。

このうち松山観光港と広島を結ぶフェリーは欠航、スーパージェットも松山発午後1時の便から欠航となります。また八幡浜と大分を結ぶ宇和島運輸フェリーと九四オレンジフェリーはともにあすまでの欠航を決めるなど各交通機関で欠航が相次いでいます。

長時間の大雨に伴う災害発生の可能性も高く、早めの避難を心がけるなど土砂災害や河川の氾濫に警戒が必要です。