夜空彩る1万5000発 いよいよ「関門海峡花火大会」 115万人待ち望む  福岡県北九州市

カテゴリ:地域

北九州市で夏の関門の風物詩「関門海峡花火大会」が13日夜、開かれます。

約1万5000発の花火が関門の夜空を彩ります。

北九州市門司区と山口県下関市の関門海峡の両岸で花火が打ち上げられる、関門海峡花火大会。

2019年で32回目の開催となります。

観客数は北九州市と下関市で合わせて約115万人が見込まれていて、西日本最大級となる約1万5000発の花火が打ち上げられます。

花火は13日午後7時50分から打ち上げられる予定です。

(8月13日午後5時15分現在)