精霊流しへの影響は?台風10号が長崎に接近

カテゴリ:地域

超大型の台風10号が接近し、お盆のUターンを直撃するおそれがでてきました。

長崎県内の早い所では13日夜のはじめ頃から強風域に入り、精霊流しが行われる15日に最も接近するおそれがあります。

超大型の台風10号は午後3時現在、種子島の南東の海上を1時間に約15キロの速さで西北西に進んでいます。

長崎県内の早い所では13日夜のはじめ頃から風速15メートル以上の強風域に入る見込みです。

長崎県内に最も接近するのは15日の朝から昼すぎと予想されています。

14日にかけて予想される最大風速は海上で、南部が20メートル北部、壱岐・対馬、五島で18メートル。

予想される波の高さは外海で3メートル、有明海で2.5メートルとなっていて、その後さらに波は高まる見込みです。

暴風や高波に警戒してください。

15日は精霊流しですが、台風周辺の暖かく湿った空気の影響で大雨のおそれがありす。

気象庁会見「超大型の台風であるため西日本・東日本の広い範囲で大雨・暴風・高潮などの災害のおそれがあります」

約2年ぶりの「超大型」となった台風10号。

半径800キロメートル以上だと「超大型」に分類され、その大きさは北海道から九州までが覆われるほどに匹敵します。

超大型でかつ、台風の動きが遅いため雨や風が長く続く見込みです。

最新の台風情報にお気をつけ下さい。