全国女子高校生ビーチバリヤーの頂点目指し マドンナカップ熱戦繰り広げる【愛媛・伊予】

女子高校生のビーチバレー日本一を決めるマドンナカップは11日決勝戦を迎え、

熱戦が繰り広げられました。

今年も全国46の都道府県から49チームが出場し、伊予市の五色姫海浜公園で熱い戦いを展開したマドンナカップ。

11日午後、決勝戦が行われ3連覇の経験もある強豪・東京の共栄学園高校 衣笠・菊地ペアと去年の準優勝ペアで臨む神奈川の横浜隼人高校 野口・福田ペアが激突しました。

厳しい夏の日差しが照りつけるコートでは、決勝らしい白熱した戦いが繰り広げられ,

共栄学園が2-0のストレートで関東対決を制し、優勝しました。

この大会の模様は、今月24日午後4時からテレビ愛媛で放送します。