笑顔で子どもとハイタッチ! 渋野日向子選手 初日は11位タイ発進 北海道 meiji カップ

カテゴリ:地域

 北海道 meiji カップに出場の渋野日向子選手、ギャラリーを引き連れてのラウンドとなりました。

 「おはようございます」

 北海道 meiji カップ初日は、あいにくの雨。しかし、雨にも負けず会場には渋野選手を一目見ようと、多くのギャラリーが訪れました。

 渋野選手は、子ども達とハイタッチする場面や、ピースする場面も。その渋野選手の注目の1番のティーショットは…。

 渋野選手は、この日もスマイルでスタートしていきました。

 ところが、1番はパーオンならず…。強気のパーパットもカップの横をすり抜け、1番からボギースタート。

 スコアを落とした渋野選手でしたが、6番では!

 実況:「グリーンに乗るか? ナイスオン! 3オンです」

 6番のパー5でバーディーパットを見事に決めて、スコアをイーブンに戻します。

 来場客:「ナイスバーディー!」

 渋野選手:「ありがとうございます」

 渋野選手が動けばギャラリーも大移動!しかし、7番では、パーパットを外し再び1オーバーでスコアを1つ落としてしまいます。

 それでも渋野選手は、笑顔で子どもたちにハイタッチ!

 来場者:「うれしかった」「絶対に洗わない(おばあちゃんになっても?)はい」

 ここから渋野選手は、ギアチェンジ。12番のパー5でバーディーを決めスコアをイーブンに戻すと…さらには、16番でもバーディーを決め1アンダーに。

 最終18番、パー5のサードショットでは…ピンそばにつけ見事バーディー。渋野選手は、4バーディー2ボギー2アンダー11位タイで初日を終えました。

 渋野日向子選手:「この忙しさで、2アンダーでまわれたのは上出来だと思います。 沢山の人が来られたので、楽しいなとは思いながら、でも体調がちょっと良くないので、楽しむ余裕はあまりなかったんですけど、本当に頑張れと言ってくれるのがうれしかったです」