健康第一 商売繁盛 日本三大だるま市のひとつ 毘沙門天大祭始まる 静岡県富士市

テレビ静岡 カテゴリ:話題

日本三大だるま市のひとつ「毘沙門天大祭」が11日から富士市で始まり、多くの参拝客で賑わっています。

この祭りは、江戸時代から続く風物詩で、東京の深大寺や群馬県の高崎と並ぶ、三大だるま市として知られています。

境内には70の店が軒を連ね、参拝客はつけ髭をしただるまの他、青や緑、今年の干支「亥」をイメージしたものなど、気に入ったものを買い求めていました。

参拝客「家族が健康になってほしい」参拝客「店をやっている。

今年もトラブルなくお客さんに喜んでもらえれば」毘沙門天大祭は13日まで開かれ、20万人の参拝客が見込まれています。