めったに咲かない花「ムジナモ」が咲いた 【高知市】

高知市の県立牧野植物園で1年のうちにたった2時間しか咲かないという花が開花しました。

水に浮かびながら3ミリほどのつぼみがちょこんと立っています。絶滅危惧種と天然記念物に指定されているモウセンゴケ科の「ムジナモ」です。

花が咲くのは年にたった1度。しかもこの時期の晴れた日に気温が30℃程度になった昼間の2時間だけです。

高知市の牧野植物園では9月6日に開花を確認し、12日にも1輪咲きました。

さらにこの植物、日本での第一発見者は牧野富太郎博士です。

つぼみが1つ現れたムジナモ。開花はムジナモの気分次第ですが“幻の花”を見に足を運んでみてはいかがでしょうか。