百貨店、外食に休業の動き 外出自粛で

カテゴリ:ビジネス

百貨店や外食チェーンでは、この週末に臨時休業や営業時間の短縮を実施する動きが広がっている。

松屋は、銀座本店と浅草店について、東武百貨店も、池袋店の食品フロア以外について、臨時休業すると発表した。

高島屋も、「日本橋高島屋S・C」など、3つの店舗について、東急百貨店も「渋谷・本店」などで、臨時休業をすでに決めている。

一方、すかいらーくホールディングスは、「ガスト」や「バーミヤン」など、東京・神奈川・千葉・埼玉で、深夜営業をしている726店舗を午前0時に閉店する。

牛丼チェーン「すき家」では、都内およそ30店舗で、夜10時から翌朝9時までの営業を休止するほか、「大戸屋」では、東京・神奈川・千葉・埼玉の185店舗で、営業時間を短縮し、夜8時に閉店するという。