“偽札”で逮捕の男性不起訴 処分理由明らかにせず

カテゴリ:地域

首都圏の50カ所以上で偽札を使ったとみられるグループの主犯格として逮捕された男性が、不起訴処分になった。

男性は2018年、東京・足立区のコンビニで、偽の1万円札を使った疑いなどで逮捕されていた。

東京地検は、26日付で不起訴とし、処分理由は明らかにしていないが、嫌疑不十分とみられる。