折りたたみ傘に注意 ジャンプ式事故相次ぐ

カテゴリ:ビジネス

国民生活センターによると、自動開閉式、いわゆるジャンプ式の折りたたみ傘を閉じる際に、誤って途中で手を離してしまい、棒が飛び出して、柄が顔に当たるなどの事故が相次いでいる。

目を直撃して視力が低下したり、歯が折れて手術を受けるなど、治療に1カ月以上かかるケースもあるという。

国民生活センターは、使用する際は、手元が顔や身体に当たらないように注意を呼びかけている。