台風・停電に負けない! 仮設で奮闘「かずさエフエム」

カテゴリ:国内

台風15号の影響で、いまだ大規模停電が続く千葉県。

地元メディアも、停電に苦しむ市民へ情報を伝えようと懸命。

倒れる木々を通り抜け、たどり着いたのは、千葉・君津市のゴルフ場の売店。

その中では、ラジオを生放送中。

普段は、プレー中に立ち寄る売店だが、テーブルにマイクを乗せた仮設のスタジオ。

わずか3人でラジオの生放送をするのは、いまだ8,000軒余り(12日午後5時現在)停電が続く、木更津市のコミュニティーFM「かずさエフエム」。

実は...

かずさエフエム代表・石村比呂美さん「台風の影響で専用回線が使えなくなったので、この送信所の前で放送することになりました」

普段は、木更津駅前にあるスタジオで放送しているが、台風で電波を送る専用回線が破損し、放送ができない状況に。

しかし、放送を中止するわけにはいかないと、送信アンテナに近いこの売店に発電機を持ち込み、放送を続けている。

物資の配布状況や不足しているものなど、地元の人々が本当に必要としている情報を正確に伝えようと努力しているという。

かずさエフエム代表・石村さん「市民の皆さんのライフラインを守っていくのが、わたしたちの使命だと思っています。大きな局では伝えられないことがあると思う。そういう、市民生活の小さなことだけど大切なことを、しっかり伝えていきたい」