実戦投入“5G観戦革命”の現在地

カテゴリ:テクノロジー

「αism」。

5Gのお披露目に選ばれたのは、バスケットボール日本代表の試合だった。

ワールドカップ出場で期待が高まるバスケ日本代表。

大観衆が集まる、その試合会場の一角にいたのは。

特殊なグラスをかけた集団?

VRゴーグル女子?

さいたまスーパーアリーナで行われていたバスケ男子の日本代表戦。

実はこの日、スポーツ観戦の新たな形が試されていた。

ソフトバンクが、2020年3月ごろからスタートさせる次世代通信技術「5G」を活用した取り組み。

タブレットを片手に試合を見る観客。

その指先を見てみると、試合のアングルをくるくると回している。

これは、「自由視点映像」と呼ばれる技術。

コートをぐるっと囲むように設置された30台のカメラによって実現している。

5Gの高速通信によって映像を合成、処理することで、リアルタイムに自分の好きな視点から試合を見ることが可能になった。

会場内で掛けると、ちょっと怪しげなこのグラスは...。

グラスをかけて試合を見ると、ゴール下からの映像を見ることができて、選手が自分に向かって走ってきた。

「ARグラス」と呼ばれ、席からの眺めとともに、迫力あるゴールに近い映像が投影されるため、例えば、遠い席でもコート付近からの目線を楽しめる。

そして、ファンを驚かせていたのが、「VRを使った観戦」。

5Gを体験したファン「臨場感が違う。試合への没入感や入り込み方が、全然違う」、「すごく新鮮で、初めての体験だったので。『こんな感じで選手動くんだ』というのがわかって、すごく楽しかった」

さらに、「選手追尾映像(運用予定)」。

試合全体の映像が流れているが、切り替えると、八村塁選手だけを追った映像を見ることができる。

今回は試合会場でのお披露目だったが、5G技術を使うことで、これらの観戦スタイルが遠隔地でも体験できるようになる。

ソフトバンクモバイルネットワーク本部長・野田真氏「今までも、スマホで、SNSで体感を共有するのは、だいぶ普及してきたと思うんですけど、体感のディープさが増していくかなと。こんな臨場感のある、この見方すごいよみたいなことを、遠くにいるご家族や友達と、今まではできなかった遠隔地からこの試合見に行く、それを臨場感のある形で見られることができると思います」