【速報】アジア大会6冠!競泳 池江璃花子(18)選手 「白血病」と診断発表

カテゴリ:芸能スポーツ

池江璃花子選手が白血病を告白

2018年日本人で初めてアジア大会6冠を達成し、大会MVPにも輝いた競泳の池江璃花子(18)選手が2月12日自身のSNSで白血病と診断されたことを発表した。

応援してくださる皆様、関係者の皆様へご報告があります。

日頃から応援、ご支援を頂きありがとうございます。
この度、体調不良としてオーストラリアから緊急帰国し検査を受けた結果、「白血病」という診断が出ました。
私自身、未だに信じられず、混乱している状況です。
ですが、しっかり治療をすれば完治する病気でもあります。

今後の予定としては、日本選手権の出場を断念せざるを得ません。今は少し休養を取り、治療に専念し、1日でも早く、また、さらに強くなった池江璃花子の姿を見せられるよう頑張っていきたいと思います。これからも温かく見守っていただけると嬉しいです。

                               池江璃花子
(本人のSNSより)

「祈っています」渡辺謙が応援コメント

この発表について白血病から復帰した俳優の渡辺謙さんは自身のTwitterで「祈っています」と応援コメントを寄せた。

#池江璃花子、さんのニュースを目にしました。僕も同じ病気を経験しました。何故今自分がと絶望感に苛まれているのではないかと思います。どんな状況かは分かりませんが、今の医学を信じ、自分の生命力を信じ、前を向いて焦らずにしっかり治療に専念して下さい。祈っています。