名所・天然炭酸水の井戸で男女死亡 水くみに来て意識失う?

カテゴリ:国内

福島・金山町で、天然の炭酸水をくみに訪れていた男女2人が、井戸の中で死亡する事故があった。

警察や消防によると、15日午前5時すぎ、金山町大塩の井戸の中で、新潟県から訪れた70代の男性と40代の女性が意識不明の状態で見つかり、その後、死亡が確認された。

水深およそ1メートルのこの井戸は、自然の炭酸水が湧き出ることで有名で、井戸の中は、二酸化炭素の濃度が高い状態だったとみられている。

2人に目立った外傷はないことなどから、警察では、炭酸水をくんでいる最中に意識をなくして、井戸に転落したとみて、死因をくわしく調べている。

(福島テレビ)