台風10号 重傷含む5人けが 大谷渓谷孤立続く

カテゴリ:国内

14日夜から15日朝にかけて、大型の台風10号の影響で、重傷の女性を含む5人のけが人が出ている。

愛媛・愛南町では14日夜、60代の女性が強風にあおられ、溝に転落し、腰の骨を折る大けがをした。

さらに三重・津市でも、2人が強風にあおられて転倒し、軽いけがをした。

また、大分・玖珠町にある大谷渓谷の近くで14日、林道を車6台で走行中に川が増水し、5カ月の女の子を含む未成年者11人と大人7人のあわせて18人が、孤立状態になっている。

15日朝、全員の無事を確認したが、午前9時55分現在も救出活動が行われていて、救急搬送が必要な人はいないという。

総務省消防庁によると、午前7時半現在、台風の影響による建物への被害は、これまでに出ていないという。