台風接近中...高知の様子は? 暴風雨・高波など要警戒

カテゴリ:国内

大型の台風10号は、まもなく四国に上陸するとみられ、厳重な警戒が必要となる。

四国の南西部にある高知・黒潮町の入野海岸。

15日午前6時現在、四国全体が、台風10号の暴風域にすっぽりと覆われている。

14日午前、このエリアに入ると、雨が一時強く降ることが繰り返しあった。

今は、やや小康状態。

ただ風の方は、おさまるタイミングがほとんどない。

建物の屋根の下にいて壁の近くに立っているが、吹きつける風で、足をふんばっていないと、体を時折持って行かれそうになるほど。

そして、海は辺り一面、白波が広がっている。

打ち寄せる波は、防波堤にそびえ立つ灯台を軽々とのみ込んでしまうほど高くなっている。

午前6時現在、高知県内28市町村、およそ9万7,000世帯、19万5,000人に避難勧告が出ている。

まもなく四国に最も近づき、上陸するおそれもある台風10号に最大級の警戒が必要。

(高知さんさんテレビ)