JR西 山陽新幹線15日計画運休 台風10号 15日上陸へ

カテゴリ:国内

お盆休みの日本列島を直撃する見込みの大型の台風10号。

JR西日本が14日午前、山陽新幹線の新大阪 - 小倉間で、15日の計画運休を発表した。

また、15日の甲子園の試合が順延されることが決まり、イベントにも影響が出ている。

計画運休が決まった新大阪駅は、お盆ということもあり、午前11時ごろ、非常に混雑している。

みどりの窓口には、チケット交換に訪れる人が多く見られる。

大型の台風10号が接近している影響で、JR西日本は14日午前、山陽新幹線の運転について、15日は新大阪と小倉の間で始発から終日すべての運転を見合わせると発表した。

16日の運転計画については、15日午後6時にウェブサイトなどで発表することにしている。

また、岡山・広島・山口の在来線についても、15日は、始発から終日運転を見合わせることにしている。

JR東海でも、15日に実施する計画運休について、午後1時ごろに発表する予定。

JR西日本とJR東海ともに、15日はお盆期間の上りのピークを迎えるため、大勢の帰省客に影響が出るとみられる。

広島から東京に帰る客は、「あしたは止まると聞いていたので、きょう帰ろうと思って。早いうちに帰ることにしました」と話した。

JR九州は14日、大分や宮崎、鹿児島を中心に、運転の見合わせや一部区間の運休を決めている。

15日の運行計画については、14日午後3時ごろ、ウェブサイトで発表する予定。

(フジテレビ)

(関西テレビ)