日の丸ワイン コンクールでトップ15の快挙 「メルシャン」欧州で販路拡大

カテゴリ:ビジネス

日本のワインが、国際的なワインコンテストで快挙。

目指すは、本場ヨーロッパでのブランドの確立。

7月9日に授賞式が行われた、世界最大級のワインコンクール「インターナショナル・ワイン・チャレンジ」。

世界で最も影響力があるこのワインコンクールに、2019年も、5,000以上のワインがエントリーした。

その白ワイン部門のトップ15に、日本のワインが選ばれた。

メルシャン(株) マーケティング部・神藤亜矢さん「こういった素晴らしい場所でトロフィーを取れたことに、素直に感激しております」

受賞したのは、日本の大手「メルシャン」の「シャトー・メルシャン 北信左岸シャルドネ リヴァリス2017」。

長野県北部で栽培されたシャルドネを使った、豊かな香りと酸味が特徴だという。

審査員「客観的に、このワインを飲んで喜びを感じたし、おいしかった。ただ、ロンドンのマーケットは甘くないよ」

実は、ワインの輸入量は世界2位のイギリス。

輸入金額も、世界2位というワイン大国。

賞の受賞を弾みに、「メルシャン」は、販路の拡大と知名度アップを狙う。

勉強会の現場では、バイヤーから細かい質問が。

現地バイヤー「(畑で)春の霜の危険はありますか?」

メルシャン(株)・神藤さん「時々あります。しかし、ボルドーほど厳しくはありません。日本は、比較的暖かい国ですから」

次に訪れたのは、ロンドンでも予約が取りづらいという、和洋合体の有名レストラン。

メルシャン(株)・神藤さん「われわれのワインは、優雅さを表現しています。レストランの料理とマッチすると思います」

レストランのソムリエ「このワインは個性的ですね。ワイン愛好家にとっては、とてもエキサイティングです」

メルシャン(株)・神藤さん「(営業の手応えは?)すごく感じています。イギリスというのは、世界中からトップワインが集まる一番競争が厳しい国なんですね。その情熱に負けないように、わたしたちも頑張っていきたいと思います」

日本からは、2019年中にメルシャンブランド3,600本の輸出が決まっており、イギリスを足掛かりに、ヨーロッパへの進出を目指す。