日本企業6社がベスト10入り AI特許出願件数

  • 世界知的所有権機関=WIPOがAI技術特許の報告書を公表
  • 出願件数で日本企業が上位10社のうち6社を占めた
  • AI関連の特許申請は2013年以降に集中、これまでに34万件以上

AI=人工知能

スピーカーやロボット掃除機など、近年私たちの生活に身近になってきたA I。

このAI技術は、人手不足の解消など働く現場での活用も期待され、世界中で開発がすすめられている。

1月31日、国連の世界知的所有権機関=WIPO が、初めてAI技術の特許に関する報告書を公表した。

AI特許の出願件数をみると、IBM、マイクロソフトと、アメリカ企業が上位2位を占めたが、3位に東芝、5位にNECがランクインするなど、日本企業が上位10社のうち6社を占めた

報告書によると、AI関連の特許申請は2013年以降に集中していて、これまでの申請は34万件以上に上る。

中でも最も急速に増加しているのが、音声認識システムなどのディープラーニングと呼ばれる技術で、2013年から約20倍増加したという。

(「プライムニュース α」2月1日放送分)

プライムニュース αの他の記事