習主席がアメリカをけん制 アジア各国の結束訴える

カテゴリ:ワールド

アメリカと中国が貿易戦争で対立を深める中、習近平国家主席は15日、アジアの文化交流の促進を目指す会議で演説し、アメリカを念頭にけん制した。

北京で開催された「アジア文明対話大会」の開幕式で演説に臨んだ習主席は、「自らの人種と文明が一段優れていると思い、他の文明を変え、取って代わろうとするなら、認識として愚かで、やり方として深刻な損害をもたらす」と述べ、中国からの輸入品への追加関税第4弾の発動に向けて検討を進めるトランプ政権を念頭にけん制した。

また、習主席は「もし各国が再び閉鎖に戻れば、人類の文明は交流が途切れて生命力を失う」と強調し、アジア各国の結束も呼びかけた。

会議には、アジアを中心に世界各国から2,000人余りが参加していて、中国政府は「重要な外交イベント」と位置づけている。