米中協議キーマンが北京入り 対中強硬派

カテゴリ:ワールド

3月1日の交渉期限が迫る中、アメリカと中国の貿易協議のキーマンが北京入りした。

アメリカ・ムニューシン財務長官は、「北京に再び来られたことをうれしく思う。協議を楽しみにしている」と述べた。

米中貿易協議のアメリカ側の2トップ、ムニューシン財務長官と通商代表部のライトハイザー代表が12日、北京に到着した。

米中は、11日から次官級の協議を行っていて、14日からは、閣僚級協議が2日間の日程で行われる予定。

対中強硬派のライトハイザー氏らが、どこまで中国側の譲歩を受け入れるかが焦点だが、アメリカメディアが交渉期限延長の可能性を報じるなど、協議の難航も予想されている。