【速報】池江璃花子選手「白血病」と診断 「早期の発見できた」【水連緊急会見冒頭全録】

カテゴリ:国内

競泳女子日本代表の池江璃花子選手(18)が白血病と診断されたことを受け、日本水泳連盟や池江選手の所属先などが、12日午後4時から記者会見した。

この中で、池江選手がオーストラリアでの合宿中に体調不良を訴え、帰国後、検査を受けた結果、白血病と診断されたことが明らかになった。

池江選手は現在入院中だが、医師から早期の発見ができたとの説明を受け、2020年東京五輪も医師と相談のうえ決定するという。

【所属先のルネサンス・吉田正昭社長】

オーストラリア合宿中体調不良を訴え、帰国後に検査したところ白血病だと診断された。

1月18日から2月10日の予定で、オーストラリアゴールドコーストでの合宿に参加していた。

練習中何度か体調不良を訴えたため、練習を切り上げ、予定より早い2月8日に帰国した。

帰国後、病院で検査を受けた結果、病気が判明した。

医師の判断により、治療を直ちに開始するため、現在、本人は入院中だが、早期の発見ができたとの説明を受けている。

今後の治療については、医師と相談のうえ、決定していくことになる。

今後の活動予定としては、直近のコナミ・オープン、日本選手権は欠場することになる。

また、東京オリンピックに間に合うかどうか、ご懸念があると思う。

医師と相談のうえ、今後の治療経過を見ながら、復帰の時期についてはあらためてご報告させていただく。

われわれとしても、1日も早い回復を祈り、治療に専念する環境を整えてあげることが今できる最大のサポートだと思うので、どうか皆さま方にも見守っていただければ幸いだ。