名古屋名物!レトロな純喫茶“モーニング”が若者の間でブームのなぜ?

カテゴリ:地域

  • 全国から“モーニング”目当てに客が押し寄せるヨーロピアンアンティーク調の店
  • 30年 価格据え置き 創業60年の店内は昭和にタイムスリップ?
  • 早朝6時半には店からモクモクと煙 こだわりのコーヒー

“宝石”のようなモーニングに全国からファンが

かこ 花車本店 名古屋・中村区名駅

“平成”も間もなく終わろうという今、“昭和”の香り漂う昔ながらのレトロな喫茶店『純喫茶』が今注目を集めている。年配のお客さんだけでなく10代、20代の若者たちにも人気を集め雑誌や書籍でも「レトロ純喫茶」の特集が組まれているのだ。

なぜ、いま“昭和”の香り漂うレトロな「純喫茶」がブームなのだろうか?
純喫茶の人気のワケを調べるため、まずやって来たのは名古屋駅からほど近い、柳橋中央市場付近。
大通りから少し中に入った隠れ家的なお店、創業46年の「かこ 花車本店」。

純喫茶の王道“ヨーロピアン・アンティーク”の店内

ヨーロピアン・アンティーク調の店内

店の人気の秘密は、ご主人の土屋賞蔵さんがふるまうモーニング。
そのモーニングを味わおうと、店には連日のように行列、店内は女性客でにぎわっている。

Q.どちらから来ましたか?
2人組の女性:
   富山県です

別の女性2人組:
大阪と奈良です

全国からのファンを魅了しているのが究極!まるで“宝石”のようなモーニング。
その名も「シャンティールージュ スペシャル」。

4つに分かれたバタートーストに、つぶあん、生クリームが塗られ、その上に土屋さん手づくりの4種のジャムがそれぞれトッピングされている。この日のジャムは、46年間作り続けている「オレンジマーマレード」のほかに、「キウイ白ワイン」、「フランボワーズバナナ」、「柿とバニラ」、モーニング中はドリンク代にプラス350円でいただくことができる。

ファンの目当ては宝石のようなモーニング

30年間 価格そのままの店

創業60年を超える「パイカル」名古屋・中区大須 

名古屋市中区大須にある、創業60年以上の老舗純喫茶『パイカル』。
店内は昔ながらの照明やテーブルなど、まるで昭和にタイムスリップしたような雰囲気だ。

魅力は昔ながらの喫茶店メニュー。カレーライス580円、オムライス630円、焼きそばも580円、価格は30年前からずっと据え置きの“お値打ち”価格だ。
 

パイカルのオムライス サラダ付きで630円

ちなみに店の一番の人気メニューは「鉄板イタリアンスパゲッティ」!サラダ付き630円。鉄板にひかれた半熟玉子がたまらない。仕込みは毎朝6時から。パスタはかために茹でサラダオイルをなじませて舌触りをよくしているとのこと。

値段は安くても手を抜かないというのがお店のモットー。とにかく手作りにこだわり、店主の横井あけみさんが値段をあげないために、安くて良いものをいくつもの店を回って手に入れ、自分で選んだ野菜だけを使っています。

「煙が出ていますが、火事ではありません」

「珈琲だけの店 びぎん」 名古屋・中区栄

中区栄のど真ん中、看板には「コーヒーだけの店」と掲げる「珈琲だけの店 びぎん」。
客席はカウンターのみの隠れ家的な純喫茶。創業は昭和26年で、コーヒー専門店とあって、店主こだわりのコーヒーを求める常連客で賑わっている。
店主は3代目の加藤壮風さん、コーヒーの面白さは焙煎だと話します。

珈琲だけの店 びぎん店主・加藤壮風さん:
焙煎でコーヒーの味をコントロールするのが面白いですね。味は焙煎で変わります

早朝6時半ごろ 焙煎で大量の煙が出るため近所に「お知らせ」も

毎朝6時半に豆を焙煎。焙煎時にはたくさんの煙が出ることから、店の前に「珈琲焙煎中 煙が出ていますが、火事ではありません」と看板を出す気遣い。

煙の加減を見ながら色味の出方で焼き上がりのタイミングを見極め、褐色の豆を一気に取り出すしたあと割れた豆や焼き過ぎた豆を一粒一粒丁寧に取り除く。雑味が出ないための“こだわり”だ。

丁寧にいれたこだわりの1杯

看板商品は『レギュラーブレンド』。ブラジル産やコロンビア産の4種類を独自にブレンド。ほろ苦さの中に深いコクと甘みがあるのが特徴です。

注文を受けてから豆をひき、1杯すつ淹れていく。ドリップは布を使う「ネルドリップ」で、85℃の湯を少し注ぎ、豆を2分ほど蒸らす。

そして少しずつ湯を加えて抽出、手間はかかるが口当たりが滑らかでコクの深いコーヒーができあがる。

店主の個性あふれるこだわりの純喫茶巡り、みなさんもいかがだろうか?

FNNピックアップの他の記事