【タイムライン】今、何が!? 米朝首脳の“世紀の一日”

カテゴリ:ワールド

【12日 午後7時30分頃】
歴史的な会談を終えたトランプ米大統領は、大統領専用機でシンガポールを出発し、帰国の途に就いた。

【12日 午後6時20分】
1時間を超える会見が終わった。

「われわれの会談は率直で生産的で直接的なものでした。お互いによく知り合うことができました。新しい歴史を始めるために準備をしたわけです。われわれの国家間の新しい歴史を作っていくことになったのです」
北朝鮮は核を放棄し、他の国と関与すると約束した」
拉致問題も大きな問題。安倍首相は真剣に考えている。これについても話をした。共同声明には書き入れなかったが、話し合いは続ける」

共同声明の内容はこちらから。
共同声明が事前にダダ漏れ!? さらにホワイトハウス関係者が“署名直前シーン”動画も公開

【12日 午後5時15分】
トランプ大統領が記者会見。

「日本にとって何が正しいのか考えている」
「我々の会談は率直、生産的、直接的で、お互いを知り合うことができた」

【12日 午後5時過ぎ】
トランプ大統領が会談終了後、初めてのツイート。今日1日の動きをまとめた動画を投稿。

【12日 午後2時55分過ぎ】
金正恩委員長を乗せたとみられる車列が、会談会場のホテルを出発。
北朝鮮に戻る予定だ。

【12日 午後2時50分頃】
最後の握手をし、別れる二人。

記者からの「金委員長はどんな人だったか?」という問いに、トランプ大統領は「素晴らしい性格で賢い人だ」と答え、さらに「才能があり、北朝鮮を愛している。これからも何度も会う事になるだろう」とした。

【12日 午後2時45分頃】
署名が終わり握手をした後、トランプ大統領の背中に手を添える金正恩委員長。
退出する二人の関係性は深まったのだろうか。

【12日 午後2時40分】
両首脳が共同声明に署名。
記者の「この後ホワイトハウスに金委員長を招待する?」との質問に「もちろんだ」と笑顔で答えたトランプ大統領。

声明の内容については、この後行われる記者会見で述べると説明した。

【12日 午後1時40分頃】
ワーキングランチを終え、散歩をするかのように報道陣に近づく二人。
トランプ大統領「誰が思っていたよりも素晴らしい会談だった。これから署名をしに行く」

その後建物に戻ると思いきや、トランプ大統領が大統領専用車のドアを開け、金正恩委員長が覗くという珍しい場面が見れた。

【12日 午後0時半過ぎ】
両首脳らがワーキングランチ。
“世紀のランチメニュー”は前菜3品、メイン3品、デザート3品。
メニュー詳細は「“世紀のランチはキュウリの飾り切りとタラの煮つけ!?”」。
しかし、北朝鮮の一行は「弁当持ち込み」説も・・・。

【12日 午前10時55分頃】

拡大会合が始まる。
米国側の出席者は、トランプ大統領、ケリー首席補佐官、ポンペオ国務長官、ボルトン安全保障問題補佐官、それに通訳。
北朝鮮側は、金正恩委員長、李洙墉党副委員長、金英哲統一戦線部長、李容浩外相、それと通訳。

トランプ大統領「共に仕事をし、問題に対処するようにするつもりだ」
金委員長「この先には課題が待ち構えているが、トランプ大統領と共に対処する。この首脳会談に関する懐疑的な見方や憶測を我々は全て克服してきた。これは平和のために良いことだと私は信じている」
トランプ大統領「我々は問題を解決するだろう。私はその為にあなた(金委員長)と共に取り組むつもりだ。」

【12日 午前10時50分頃】
1対1の首脳会談を終え、高官を加えた拡大会合に移行。
その直前に、2人が姿を見せ、報道陣に手を振った。朝に比べ、緊張が少し和らいだ表情に見える。

【12日 午前10時10分頃】
ソファに腰掛け握手をする二人。

トランプ大統領「気分は最高だ。我々は素晴らしい話し合いをし、素晴らしい関係を作るだろう」
金正恩委員長「ここまで来る道はあまり容易な道ではなかった。私たちには私たちの足首をつかまれた過去があり、また誤った偏見と慣行が、時には私たちの目と耳を遮ったりもしたが、私たちは全てを勝ち抜いてこの席まで来た」

【12日 午前10時過ぎ】
別々の部屋から出てきた両首脳が歩み寄り、たがいに握手。注目された「ハグ」はなし。

【12日 午前10時頃】
その後すぐにトランプ大統領がホテルに到着。

【12日 午前10時前】
金正恩委員長が会場となるカペラホテルにひと足先に到着。いよいよ会談へ。

【12日 午前9時過ぎ】
トランプ大統領、金正恩委員長が、相次いで宿泊先のホテルを出発、会談会場となるホテルへ。

【11日 午後11時前】
金正恩委員長が向かった先は、観光名所「マリーナベイ・サンズ」。
メガネを外してリラックスする姿が・・・。

【11日 午後10時過ぎ】
金正恩委員長が突如、夜のシンガポール市街へ外出
目的は・・!?

【11日 午後6時45分頃】
米・ポンペオ国務長官が会見。
朝鮮半島の検証可能かつ不可逆的な非核化しか認めない。
大統領が認める結果がないかぎり、経済的なチャンスは与えない。
非核化に応じれば、体制を保証する用意がある

【11日 午後4時30分頃】
トランプ大統領と韓国・文在寅大統領が電話会談。
朝鮮戦争の終戦宣言”についても議論があった模様だが、具体的内容は不明。

【11日 午後0時前】
トランプ大統領がシンガポールのリー首相と会談。
サプライズの誕生日ケーキが登場し、トランプ大統領の早めの誕生日を祝う。

【10日 午後10時頃】
厳戒体制の中、トランプ大統領がホテルに到着。

【10日 午後5時頃】
金正恩委員長を乗せた車列がホテルに到着。
ホテルの中をゆったりと歩く金委員長の姿をFNNのカメラが捉えた。

【10日 午前】
トランプ大統領が、G7閉幕を待たずにシンガポールへ向け出発。
「(金委員長と会って)最初の1分で本気かどうか分かる

(時刻表記はすべて日本時間)



「米朝首脳会談」関連記事をすべて見る!



米朝首脳会談の他の記事