悪玉がある日突然善玉に豹変する韓流ドラマなのか・・・南北首脳会談を冷静に読みとく

吉崎達彦
カテゴリ:ワールド

  • CVID(完全で検証可能で後戻りできない非核化)のCだけ入れてVとIをネグった
  • 南北が自分たちでできることだけしか記載されなかった板門店宣言
  • 北朝鮮への経済制裁解除も、国境を越える観光の再開も難しい

韓流ドラマ並みの演出に、思わず・・・

私は韓流ドラマが苦手だ。なぜ?と聞かれると困るのだが、過剰な演出とか、登場人物の力の入り方とかに、いちいちついていけないものを感じるからだ。

4月27日の南北首脳会談も同様である。いろいろ見せ場はあった。
金正恩委員長と文在寅大統領が、ともに軍事境界線を越えて見せたシーンは歴史に残るだろう。共同文書にサインしたモンブランの万年筆など、小道具も気が利いていた。ベンツと一緒に走るSPたち、といった脇役も面白かった(個人的には、漫画『パタリロ』のタマネギ部隊を思い出して吹いてしまったが)。

韓流ファンには、堪えられないドラマだったのかもしれない。

中身が空っぽだった板門店宣言

ただし外交会談としてはどうだったか。
少なくとも板門店宣言には、「中身ねーじゃん!」と突っ込みを入れたくなる。
確かに「完全な非核化」とは書いてある。ただしそれは北朝鮮の、ではなく朝鮮半島全体の、である。それでは在韓米軍はどうなってしまうのか。

察するにアメリカが求めているCVID(完全で検証可能で後戻りできない非核化)原則のうち、C(完全な)だけ入れて、V(検証可能で)とI(後戻りできない)をネグったのであろう。ただしそれでは困る。
特に核やミサイルの脅威を感じている日本としては。

朝鮮戦争を終わらせる、とも書いてある。しかし朝鮮戦争は南北朝鮮のみならず、国連軍と中国が加わった戦争である。
自分たちだけで決められることではない。そのほか文大統領の年内平壌訪問とか、ケソンに連絡事務所を設置するとか、南北でできることだけ書いてある。

北の「食い逃げ」に終わった過去2回の首脳会談

それでは今回の会談を受けて、北朝鮮への貿易投資などの国際制裁を解除できるのか。
実際問題として、国境を越える観光の再開でさえ怪しいだろう。

南北首脳会談は、2000年(金正日と金大中)にも2007年(金正日と盧武鉉)にも行われている。いずれも北朝鮮側の「食い逃げ」に終わっている。2018年の会談は本当に前2回の会合と違うのだろうか。

何より金正恩は血塗られた独裁者である。
おじの張成沢とその一族を惨殺し、兄の金正男を暗殺している。悪玉がある日突然、善玉に豹変するのはドラマではよくあることだ。確かにドラマならそれで構わない。
だが自国の安全保障が懸った問題で、ご一緒に喜んでくださいと言われても困る。
少なくとも元人権派弁護士であった文在寅大統領が、そんなことでいいのですかと嫌味のひとつくらいは言いたくなる。

まあ、私も韓流ドラマが好きな人を邪魔するつもりはない。お好きな人は勝手にどうぞ。ただし感動のあまり、「日本は蚊帳の外になっている!」などと騒がないでほしいと思うけれども。

(執筆:吉崎達彦 双日総研チーフエコノミスト)

南北首脳会談の他の記事