聖光学院が伊達市に戻り帰校式 夏の甲子園で初戦惜敗

カテゴリ:地域

福島代表として夏の甲子園に出場した聖光学院が14日、福島・伊達市の高校に戻り、結果を報告した。

夏の甲子園に13年連続で出場した聖光学院は、8月12日の初戦で長崎代表の海星と対戦し、惜しくも2 - 3で敗れた。

14日の帰校式では、出迎えた保護者や学校関係者を前に、斎藤智也監督が「甲子園で勝つことが全てではないが、次は勝利を目指して戦いたい」と、大会を振り返った。

清水正義主将は、「自分たちの中では精いっぱいやりきって、今までの歩みも間違ってなかったと思っている」と話した。

甲子園での勝利を託された新チームは、16日から始動する。