鳥目線で「東尋坊」の絶景を独り占め! 見た目はシュールでも侮るなかれ

カテゴリ:国内

  • 東尋坊を上空からドローンで撮影し、リアルタイム映像をVRゴーグルで見られる
  • 担当者「普段見ることができない高さや角度から楽しめる」
  • 利用者「今後絶対にブレークする」

東尋坊の絶景を独り占め

福井県で代表的な観光スポットの1つ、東尋坊。
約1キロメートルにわたる断崖絶壁に日本海の荒波が打ち寄せる景色で知られ、国の名勝・天然記念物に指定されている。

冬の東尋坊と荒波

そんな壮大な絶景を前に繰り広げられるちょっと“シュールなサービス”がTwitterに投稿され話題になっている。
その風景がこちら。



「東尋坊で驚いた商売」

とのコメントとともにタフィー(@TO_tuffy)さんがアップした写真には、3人の家族が椅子に座り、ゴーグルを付けていて、何かを見ているようだ。そして、右端の麦わら帽子をかぶった男性は何かを操作しているようにも見える。
目の前に絶景があるのに確かにシュールな光景だが、彼らの後ろをよく見ると「ドローンとVRゴーグルで疑似遊覧飛行体験」と書かれている。

実は、これはドローンで東尋坊上空を撮影し、リアルタイムの映像をVRゴーグルで見ることができるサービスで、約15分間、東尋坊の上空からの絶景を楽しむことができるのだ。
ドローンは写真の麦わら帽子をかぶった同サービスを提供しているバーチャルスカイ代表の上野浩幸さんが操作し、ドローンのリアルタイム映像をお客さんに見せている。

仮想飛行コース(約15分、500円)と仮想操縦コース(約15分、1000円)があり、定休日はなく、午前10時頃から16時半頃まで営業している。(天候などにより休む日もあり)

投稿したタフィー(@TO_tuffy)さんは、お客さんが見ているのがドローンからのリアルタイムの映像とは思わず、事前に録画したものを見ていると思ったため、このサービスを体験しなかったそうだ。帰ってからネットで調べたところ、リアルタイムの映像だと知り、「面白そうだな」と思い投稿したという。

Twitterでは、「足腰が辛いお年寄りや手をつないでいないと危ない子連れにとってもありがたいサービス」や「わんちゃんにもみせてあげて」などのコメントが寄せられ、2万1000超のいいねが付いている。(9月5日現在)

断崖から見下ろしたり、遊覧船から見上げたりというのとはひと味違う東尋坊の上空からの景色を500円という価格で楽しめるのはお得な気がする。
なぜこのようなビジネスを始めようと思ったのか。サービスを提供しているバーチャルスカイ代表の上野浩幸さんに聞いた。

普段見ることができない高さや角度から楽しめる

ーーなぜ東尋坊でVRでの疑似遊覧飛行体験サービスを始めようと思った?

今年の5月2日に始めました。以前趣味でパラグライダーを行なっており、鳥の目線で飛行することの素晴らしさに感動していました。この体験を多くの人に共有してもらう方法はないかと長年考えていたところ、近年高性能カメラを搭載したドローンと高画質VRゴーグルが登場したので、これなら擬似的に飛行を体験できると思いつき、システムの開発と事業化を行ないました。
東尋坊で始めた理由ですが、私の出身が福井県であり、高齢で一人暮らしの母親をケアしながら仕事をしようと考え、福井県で一番の観光地である東尋坊でサービスを行なうことに決めました。

バーチャルスカイ代表 上野浩幸さん

ーー仮想飛行コースと仮想操縦コースがあるが、それぞれの特徴は?

仮想飛行コースは、パイロット(小生)がモデル飛行コースに沿ってドローンを飛行させ、ヘッドフォンでBGMを聞いて戴きながらその時の景色をお客様に見て戴くサービスで、最大5名までのお客様が同時に参加できます。
一方、仮想操縦コースは、お客様に前後左右に動かすことの出来る専用の操作レバーを操作して戴き、その操作量をLEDレベルメーターに表示させ、その表示値をパイロットが読み取って実際にはパイロットがドローンを操縦するものです。このシステムによりお客様にドローンを操縦している気分を味わって戴くというサービスで、参加できるのは1名のみです。
ちなみに上記サービスで用いる画像・音声分配装置や、仮想操縦用のシステムは、全て自作です。なお両コースとも飛行中にご自身の撮影やお好みのシーンを枚数無制限で撮影することも可能です。但し写真は電子ファイルでの提供で、追加料金(500円)を頂戴しています。


ーー疑似遊覧飛行体験の売りは何?

普段では見ることが出来ない高さや角度から、安全に景色を楽しむことが出来ることです。またそのことを通して、観光地の新しい魅力を発見できるのも長所です。
更にリアルタイムでサービスを行なうことで、お客様のご要求(もっと上から見たい、海面付近から見上げたい、あの岩にもっと近づいてほしい、もっとスピードを出してほしい等)に制約条件の範囲内であればフレキシブルに対応できるのもこのサービスの特長です。

利用者「今後絶対にブレークする」

ーーお客さんの反響は?

体験の前と後で表情が全く違うのが面白いです。
具体的なコメントとしては、「画像が想像以上にきれいで安定している」「こんな東尋坊は見たことがない」「今回の旅行の中で最大のイベントだった」「500円は安い」「空からの写真は普通得がたくいい思い出ができた」「もっと人目につくところでやるべきだ」「今後絶対にブレークする」「もっと多くの人が見るべきだ」「岩場まで自力でいけない人にはありがたいサービスだ」「他の観光地でもやるべきだ」などと(誇張抜きで)肯定的なご感想を戴いています。

ーーこのサービスを通して何を伝えていきたいか?

東尋坊のみならず、風光明媚な観光資源に富む日本の魅力を、より多くの人々に伝えられたらと思っています。そのためには日本各地の観光地で同じサービスを行なう必要があるので、私の考えに賛同してくださる方々が現れるのを期待しています。


ーーお客さんはどれくらい来る?

平日で1~10名、休日で5~20名程度です。まだまだ知名度が低く苦戦しています。


ーー今後は新しいことは考えている?

何らかの方法でこのサービスを日本全国に広げていきたいと考えています。

鳥目線での飛行を体験してもらいたいと始まった疑似遊覧飛行体験サービス。
端から見たらシュールかもしれないが、最新技術のVRゴーグルを使って、「あそこが見たい」というリクエストにもできる範囲で応えてくれるとのことなので、空を飛んだ気持ちになって、東尋坊の絶景を独り占めしてみてはいかが。