「記号カードであがるのはOK」…UNO“公式ルール”連日のツイートに世界が騒然!? なぜ今発表したの?

カテゴリ:暮らし

  • 公式Twitterが連日発表した「UNO」“公式ルール”が衝撃を与えている
  • 担当者「ネットの大反響は想定外だった」
  • その他にも、ワイルドドロー4はいつでも出せるわけじゃない

カードゲームの「UNO」で遊んだときを思い返してほしい。
一番盛り上がる時と言えば、次の人が2枚・4枚取らなければならないドロー系カードが次々出され、たまりにたまったカードを誰が取るのかドキドキする瞬間ではないだろうか。
また、最後の1枚が「記号カード」になってしまい、「あがれない」とがっかりしながら勝利を見送る残念感もおなじみだろう。

ドロー系カード(ドロー2とワイルドドロー4)

ところが「UNO」公式Twitterが、これらのプレイは公式ルールではないと表明して世界中の「UNO」プレイヤーを震撼させている。



世界に衝撃を与えたツイートが投下されたのは5月5日。
英語版公式アカウントが「ドロー2とワイルドドロー4は重ねられない」と公表し、さらに7日には「最後の一枚は記号カードでもあがることができる」とツイートしたのだ。



この内容は日本語版公式アカウントも追ってツイートし、Twitterは驚きの声であふれた。

・なん……だと………
・それがおもしろいのに!
・そーだったの?!
・OH!NO!!!!!!!!


直ちに正しいルールを確認しようと公式サイトにアクセスした人も多いだろうが、実は詳細なルールはサイト上で紹介していないのだ。
そればかりか、公式サイトで公開している動画では、ドローカードを重ねる独自のルールで遊んでいる。

一体、公式ルールとは何なのか?なぜ、このタイミングで改めて公式ルールをお知らせしたのか?
日本でUNOを販売するマテル・インターナショナルの担当者に聞いてみた。

大反響は想定外です

――そもそも「公式ルール」ってなんなの?

取扱説明書に記載があるルールを公式ルールとよんでいます。
メーカーが主催する大会は、このルールに則って運営しています。


――UNOのルールはいつ出来て、今まで大きな変更はあった?

UNOは1971年に考案され、2016年に45周年を迎えました。
2016年には「白いワイルドカード」、2017年には「シャッフルワイルドカード」が追加されました。

「白いワイルドカード」とは、自分で好きなルールを書き込んで遊ぶことができるカードです。
たとえば「ドロー10」「全員、カードを見せ合う」「おもしろい話をしてすべったら4枚引くが、1人でも笑ったら1枚残して捨てられる」など。
「シャッフルワイルドカード」とは、全員のカードを集めてシャッフルし、配り直します。
カードが増える人もいれば減る人もいて、ゲームがリセットされるようなスリリングなカードです。


――なぜローカルルールの方が広まっているの?

各地域ごとにそれぞれのローカルルールが発生し、広まっていったものと思っております。
メーカーとしては、先ずは楽しんでいただくことが第一となりますので、公式ルールを絶対厳守という姿勢はとっておりません。
今回SNSで発信したのは、あくまで公式ルールとなります。
ローカルルールを交えながら、ご自由にUNO カードゲームで遊んでいただけたら嬉しいです。


――なぜこのタイミングで、公式ルールをお知らせしたの?

今回は、ルールが変更されたわけではなく、「ローカルルールが多数存在する中で公式ルールをご存知でした?」という形での投稿でした。
あくまで公式ルールは公式ルールで、引き続きローカルルールも交えながら多くの方に楽しく遊んでいただきたいです。


――大反響が起きたのは狙い通り?それとも想定外?

想定外です。
公式ルールをご存知ない方が多かったようで、非常に驚きの声が集まり、改めて同商品の持つポテンシャルを感じております。

「ワイルドドロー4」は○○の時しか出せない

今回は「ドロー系カードが重ねられない」ことと「記号カードであがれる」ことが話題になったが、他にも公式ではない様々なローカルルールが存在する。例えば…

1.場のカードが3で、手札に3が2枚あったらまとめて出せる
2.ゲームの順位は、あがった順番で決める
3.ワイルドドロー4は、順番が来たら好きなときに出せる
4.ワイルドドロー4が出されたら、次の人は絶対に4枚取らなければならない

以上の4つのルールを正式なものだと思っている人もいるだろうが、実はすべて公式ルールではない
本来の公式ルールは下のようになっている。

1.同じ数字のカードを一度に複数出すことは出来ない
2.1人があがったら手札の得点で順位を決める
3.ワイルドドロー4は、他に出せるカードがない時のみ出すことが出来る。
4.ワイルドドロー4を出した次の順番の人が「他に出せるカードがあったのでは?」と思ったときは「チャレンジ」とコールして、ワイルドドロー4を出した人の手札を確認することができる。反則があった場合はワイルドドロー4を再び手元に戻し、さらに4枚のカードを手札に加える。反則がなかった場合はコールした人が4枚のカードと罰としてさらに2枚のカード、合計6枚のカードを手札に加える。つまり「チャレンジ」コールをすることで4枚引かなくても良い場合がある

これらのルールはすべて付属の説明書に書いてあるのだが、なくしてしまったらどうすればいいのか?と聞いたところ「正しいルールは、弊社カスタマーサービス(03-5207-3620 月~金曜日10時~16時※祝日除く)までお問い合わせください。」とのことだった。

これを機会に「公式ルール」で遊んでみると、今までとは違う意外な楽しさに気がつくかもしれない。
次にUNOをするとき、ワイルドドロー4を出されたら「チャレンジ!」と言ってみてはいかがだろうか?