「人生100年時代」を考える。

「人生100年時代」が現実のものになろうとしている今、働き方も含めて多様な生き方が選択できる一方で、将来への漠然とした不安もある。よりよい未来とするために様々な角度から考える。

老後の自分の住まいを確保するために…「住活」は60代に始めよう!

FNN.jp編集部
カテゴリ:暮らし

生涯現役?それとも悠々自適?定年後の過ごし方について夫婦で意識のズレ

Live News α
カテゴリ:ビジネス

資産があっても安心できない…あなたは老後に住める家はありますか?

FNN.jp編集部
カテゴリ:暮らし

妻を亡くして3年経ち…夫が今、『断捨離』をするワケ

FNN.jp編集部
カテゴリ:暮らし

「妻の死は私自身の大きな教訓」妻に先立たれた夫がする死の準備

FNN.jp編集部
カテゴリ:暮らし

見られたくない“デジタル遺品”も消去できる「おひとりさま信託」が登場… 死後事務はここまできた

FNN.jp編集部
カテゴリ:国内

認知症は“おふくろの味”で分かる? たまの帰省だから気づきたい高齢の親の「変化のサイン」

FNN.jp編集部
カテゴリ:国内

3割が「自信あるスキルなし」…悩める“ミドルシニア”世代は自分の魅力に気付いていない?

FNN.jp編集部
カテゴリ:国内

あなたは70歳まで働ける? スタバの最高齢スタッフ(76)に見る「高齢者とお金」の問題

Live News it!
カテゴリ:国内

安らかな旅立ちへ・・・「望まぬ患者に蘇生活動をしない」救急隊の新運用スタート

山﨑康平
カテゴリ:国内